輸入中古車購入の注意点

中古の輸入車を買うときの注意点

国産車よりは少ないですが、輸入車を専門に扱う中古車店を、街中で見かけることがあります。
豊富な品揃えの店舗もあれば、1車種に絞り込んだような、こだわりの店舗もあります。

 

こうした店舗では、正規ディーラーでは考えられないような、お得感のある値段を付けた輸入車を見つけ出すことが出来ます。
但し、輸入車を所有するには、日本車では心配が必要無くても、確認を要することがあります。
特に、中古の輸入車であれば、必ず実車確認をする気持ちが大切となります。

 

日本製の中古車でも同様ですが、前オーナーの情報や修理歴の確認は、念入りに行わなければなりません。
特に、前オーナーが短期間で手放している場合は、要注意といえます。
まして、走行距離の改ざんなどは行われていないか、疑いの持った目で交渉をする姿勢が必要となります。

 

もしも、現車確認が行えないインターネットサイトからの購入を検討しているのであれば、輸入中古車に限ってお勧めが出来ません。
インターネットは情報収集に留めて、必ず実車確認を行うことが重要となります。

 

また、同じ中古車であっても、正規輸入されたものか並行輸入されたものかによって、大きく異なって来ます。
当然、購入後のメンテナンスも、並行輸入車等では適合する部品が無いケースも少なくありません。
メンテナンスを行うにも、日本の工具が適合しないケースも発生致します。

 

輸入車の中古車を購入の際は、その維持にはリスクが高いことを認識のした上で、決断をする必要があるといえます。

 

 

>

輸入中古車購入の注意点記事一覧

輸入車だから壊れやすいということはありません。それよりも、日本人は10万KM目安として乗り換えタイミングとして考えられていましたが、海外では20万KM走行を買換えの目安とするのが一般的といわれています。従って、エンジンの耐久性は、輸入車の方が高いともいえます。但し、輸入車はメンテナンスが行き届いていないケースも多いことから、日常からのエンジンのチェックが大切になります。特に、輸入車を購入したり乗り...