車を売るときはモデルチェンジの時期に注目しておくこと

中古車買取,フルモデルチェンジ

車を買取で売ろうと思ったら、出来るだけ損はしたくない。
少しでも高く売りたいと思うのが人情ですよね。

 

中古車の値段は、株のようなものと考えるとわかりやすいかも知れません。
基本的には年式が新しいほうが高いのですが、
その時々の市場の需要・供給によって買取価格が変わるからです。

 

ですから、売ろうとしている愛車の値段が高いときに売りたいものですが、
なにせこの価格変動は、業界人にも正確に読めるものではなく、
一般ユーザーが正確に知るすべはないといえるでしょう。
ですから、繰り返し当サイトでもお伝えしていますが、
複数の中古車買取店で査定を行って、最も条件が良い業者を見つけ出すのが
最も効率的な方法となってしまうのです。

 

ただし、それでも、今までの市場の動向から
この時期になると、買取の価格が上がりやすい、下がりやすいなど
一定のセオリーは存在します。
その中の一つが、車のフルモデルチェンジの時期です。

 

 

国産車の場合、6〜7年程度で、フルモデルチェンジをすることが多いですが、
もしも、車を買い替えようかと悩んでいる愛車がモデルチェンジをしてしまうと、
その車は一つ型落ちになってしまいます。
買い替え需要によって、市場にその車が増えるため、
買取価格は低くなる傾向があるのです。

 

ですから、車を買取で売ろうか検討しているならば、
特に、同じ車種のモデルチェンジの情報は、ネットや新車情報誌などから
マメにチェックしておくことも、損しないためには大切ですよ。

 

 

>>>トップページ

車はフルモデルチェンジ前に売るといい?記事一覧

今回は、中古車買取の時に、出来るだけ金額を上げるための交渉についてお話ししますね。実は、中古車査定は、機械で自動的に数値化しデータ化するものではありません。人間の査定士が、目や手を使って行うもので、ユーザーが金額交渉をする余地は残されているのです。全てお任せ、見ているだけというのは確かに楽ですが、100%受け身では、損をすることもあります。満足のいく中古車査定のためには、査定金額を上げる交渉をして...