ローンの残っている車を買取や下取りをするには?

ローンの残っている車は中古車買取で売れる?ローンの残っている車でも、売却は可能です。

 

 

 

ローンが残っている場合は、車検証の所有者がローン会社やディーラー名などになっている場合。
または、銀行系のローンの場合、所有者が自分自身になっている場合と2通りあると思います。

 

 

所有者が自分自身の場合は、すぐに中古車買取店・下取りなどで車を売ることは自由にできます。

 

 

ですが、所有者がローン会社の場合には、勝手に車を売却することは出来ず、ローンを完済して名義変更をする必要があります。

 

 

まずは、売りたい車の査定をしてみましょう。
こちらの記事で、複数の中古車買取店の査定について書いています。

 

 

その査定額がローンの残債を上回る場合には、完済して余った現金は手元に。
査定額がローンの残債より足りない場合には、足りない分追い金をして完済をするか、
ローンを組み直す、または、次に車を購入するなら、その車のローンと一本化する方法などが考えられます。

 

 

いずれにせよ、ローン会社との名義変更に関わる手続き・支払いなど面倒な部分は
中古車買取店の方が代行してくれる場合がほとんどなのでご安心ください。
(店舗によっても違うので確認しましょう)

 

 

また、ディーラーで車を購入するので、下取り代金でローン残債を相殺・一本化して。。と
いう方法も考えられますが、
ディーラーの下取り額は、中古車買取店よりも低いことが多いので、
査定は、中古車買取を選ぶほうがオススメです。

 

 

もし、買取額だけを急いでチェックしたいときには、こちらのサービスもあります。
(個人情報の入力は不要です)

 

※ただ実際に売却をするときには、1店舗だけでなく、その車種に対して得意な業者・必要としている業者を見つけるほうが高く売れるので、複数の業者で価格を比較したほうがベストです。
複数の業者を比較できるサービス一覧
かんたん車査定ガイド
ズバット車買取比較
カーセンサー